チラシに載せるNGなURLとは?

チラシにホームページ・フェイスブックページ・Line@などのURLを載せたいという方も多いでしょう。

チラシ作成時のURLには気をつけたいポイントがあります。一緒にチェックしてみましょう。

あなたのチラシに、長いURLを使ってませんか?

例えば

https://saracoorde.jp/jsow-ppssgggisrmmm-spteisdkaslegmiisrepasl%%skepoigsji%%jigeresdasoioi

こんな風に長いURLをチラシに載せるのはNGです。
この記事では、チラシ作成の時に、長いURLをオススメしない理由とその対処法を書いています。

長すぎるURLをオススメしない理由

私がこれまで800本以上のチラシ作成をしてきて、URLを載せることが非常に多いです。

URLをチラシに載せると、チラシで興味を持ったもらった方にホームページなどでより深く知ってもらえるという利点がありますよ。

ただし、載せる際には気をつけたいポイントがあります。それは、URLが長すぎることです。

理由としては、チラシに長いURLが載っていると、スマホやパソコンで検索する際に、URLを打つのがめんどくさいからです。

お客様にめんどくさいと思われてしまっては、せっかく興味をもってもらったのに、その先の行動を起こしてもらいにくくなるので、勿体ないです。

それでは、URLをスッキリと短くするにはどうしたらいいでしょうか?

URLをスッキリさせるには?

短いURLをチラシ作成の時に使う為の、2つの方法をご紹介します。

URLを短縮する

フォームメーラーやJimdo(無料プラン)を使っていると、長いURLになってしまっている方も多いかなと思います。

そこで、 URLを短縮してくれるサイト「bit.ly」や「Google URL Shortener」などのサービスを利用する。

短縮URLサービスを使う際の注意点は、サービス提供元がサービスの終了をしてしまった時に、短縮したURLが使えなくなることです。

元々のURLを短く変更する

フェイスブックページのURLは、最初は凄く長いURLが発行されます。

これは、元々のURLを短く変更出来ます。

やり方は、『FacebookページのURLを変更して分かり易くしよう』で図解付きでご紹介してます。こちらも併せてどうぞ^^

まとめ

チラシ作成で欠かせないのは、お客様の立場になって、内容を作っていくことです。

きっと長いURLを見た時、あなたも『うわぁーめんどくさい!』と思うはずです。なので、チラシを作る際にも、ひと手間を惜しまずにやって欲しいと思います。

【来て欲しいお客様を呼込むような色とデザインの使い方】メルマガへのご登録のご案内です。

下記にご記入の上、登録ボタンを押してください。

来て欲しいお客様を呼込むような色とデザインの使い方
メルマガ登録はこちらよりお願い致します。
メールアドレス
お名前
powered byメール配信CGI acmailer

=お願い=

迷惑メールの設定をされている方へ

「@saracoorde.jp」よりメールを受信出来るように設定の上、ご登録をお願い致します。